クリニックブログ

2017.01.27更新

 

 のどの異常感があるときは、どんな病気が考えられるのでしょうか?

 

「のどがイガイガ、ひっかかる、貼り付いているかんじ、あめ玉がひっかかるかんじ、、」色々は表現をする患者さんはいらっしゃいますが、のどの異常感で耳鼻科を来院する方は数多くいますun

 

このような、のどの異常感がある場合に、まず一番は、咽喉頭の悪性疾患を見逃さないことが重要とされます。

bibibi飲み込む時の痛み(嚥下時痛)

bibibi体重の減少

bibibi食事が飲み込みづらい

このような症状がある場合は、要注意です。早めの受診をおすすめします。

nodo

しかし、咽喉頭の異常感は一般人の10~27%が自覚する比較的ありふれた症状といわれており、実際に悪性腫瘍が発見される頻度は異常感を訴える患者さんの3~4%と報告され、悪性腫瘍が見つかる例はかなり稀であるとされます。

 

そのほかの原因では、

leaf胃食道逆流症(胃酸の逆流)

leaf喉頭アレルギー

leaf副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎

leafストレス、心因性

 

などが挙げられます。

耳鼻科に受診した場合は、まず内視鏡検査で、鼻~のどにかけて(鼻腔、咽頭、喉頭)を観察し、異常感の原因となりうる見かけの異常を観察します。悪性腫瘍(咽頭癌、喉頭癌、下咽頭癌など)のチェックが行えます。ただし、食道の病気が疑われる場合は、内科などで胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)を行う必要があります。

 

 

千歳烏山駅・仙川近くで耳鼻咽喉科をお探しなら

給田耳鼻科rabbit

http://www.kyuden-ent.com/

投稿者: 給田耳鼻咽喉科クリニック