クリニックブログ

2016.12.20更新

 

声がれの原因になる病気に、どんなものがあるのかを見てきましょうclover

大きく分けると、声が急にかすれる場合と、徐々に悪くなっていく場合があります。

 

explosion急に声がかすれてしまったときexplosion

dire急性喉頭炎

「喉頭」は、喉仏(のどぼとけ)のあたりにある声帯を中心とした器官で、この喉頭の粘膜に起きる急性の炎症が「急性喉頭炎」です。ウイルスや細菌感染、汚れた空気による汚染、声帯の酷使などが原因で起こります。声がれが主な症状ですが、喉の違和感・乾燥感、喉の痛み、咳・痰などが現れることもあります。

dire音声疲労

声帯が持っている許容範囲を超えて、声を出し続けたために、急に声がかすれてしまうことです。保育園や幼稚園の先生、電話のオペレーターなど、声を使う職業の人によく見られます。「声帯結節」というものが喉頭内視鏡検査などで見つかることがあります。

dire心因性発声障害

発声器官や脳に異常がないのに、突然声が出なくなる病気で、強いストレスが続いたり、精神的なショックを受けたりすることで起こると考えられています。ささやき声しか出なくなりますが、咳や咳払いは、いつも通りにできるのが特徴です。

dire声帯麻痺

声を出す時に重要な声帯が、何らかの障害で動きが麻痺した状態です。声帯の動きに関連する神経が原因の場合は反回神経麻痺とも呼ばれます。ほとんどは片側の声帯に起きますが、まれに両側の声帯に生じます。主な症状は、声がかれたり、むせたりすることですが、両側の声帯が麻痺した場合は呼吸困難に陥ることもあります。

explosion声のかすれがだんだんと増していった場合explosion

dire慢性喉頭炎

慢性喉頭炎は、急性喉頭炎が長引いて、慢性化した状態です。喫煙なども原因になります。声がれのほかに、咳・痰、喉の違和感などが起こります。

dire声帯ポリープ

私たちは、声帯が振動することによって声が出ますが、大きな声を出し過ぎたりしたために、声帯が強くぶつかり合って内出血を起こし、声帯の粘膜に血豆のようなコブができるのが声帯ポリープです。声帯ポリープができると、声がかれたり、喉に違和感が出たりするようになりますが、痛みは伴わないことがほとんどです。

dire喉頭腫瘍

喉頭にできる腫瘍のほとんどは悪性腫瘍(がん)で、多くの場合、喫煙が関係しています。喉頭がんは、がんがどの部分にできたかによって、声門上がん、声門がん、声門下がんに分けられますが、大半は声門がんです。声門がんは、初期の段階から声がかれ、それも、無理に力んで発声しているようなガラガラ声になるのが特徴です。

このほかに、食道がんや甲状腺がんなどによって反回神経を障害し、声がれが生じることもあります。

 

喉頭ファイバー検査(内視鏡検査)を耳鼻科で受けることにより、咽頭・喉頭が詳しく観察できますので、上記のような疾患を早期に診断することができます。

 

千歳烏山駅・仙川近くで耳鼻咽喉科をお探しなら

給田耳鼻科rabbit

http://www.kyuden-ent.com/

 

投稿者: 給田耳鼻咽喉科クリニック